BLOG

【英語】センター試験攻略法

ll

有名大学に合格するには、センター試験でなるべく高得点を取りたいものです。おおよその目安として全体で8割以上得点することが目標です。200点科目である英語と国語で180点を達成できたら夢はかなり現実味を帯びてきます。そこで、英語・国語で180点UP達成のためのPROゼミ秘伝を伝授します。

英語で8割以上取る!!

まず大切なことは、なんと言っても単語力を身につけることです。センター試験に出題される英文は基本的な語彙で構成されていますから、その語彙を確実に覚えてしまうことが大切です。具体的には、単語集を徹底的に何度もやり一冊完全に覚えてしまいましょう。単語集はなんでもいいのですが、『英単語ターゲット1400』が必要十分な量がコンパクトにまとめられており、勉強しやすいように周辺の教材も充実しています。

『英単語ターゲット1400』
(まずはここから!!周辺の教材も充実)

『英単語ターゲット1400[4訂版]書き覚えノート』
(単語を覚えるためのもの)

『英単語ターゲット1400[4訂版]実戦問題集』
(名前のまんま)

『カード英単語1400』
(一単語ごとに2色のカードになっていて、英→日、日→英の両方から使えるようになっている。)

できれば高1のうちに遅くとも高2の冬休みまでには完全習得(見出し語の意味を覚えるだけでなく、派生語や反意語、さらに使い方なども含める)しましょう。

センター試験《英語》は、次のような構成になっています。問題は、配点です。第1問・第2問は各2点で25題前後です。従って満点は50点です。第3問は各3点~4点で8題くらい出題されます。満点は30点。第4問から第6問は、各5点または6点で20題程度出されます。満点は120点です。

  • 第1問 ― 発音・アクセント〔2点×7〕
  • 第2問 ― 文法・語彙・語法、対話文、語順整序 〔2点または3点×19〕
  • 第3問 ― 意味類推、要約、空所補充 〔3点または4点×8〕
  • 第4問 ― 図表読解 〔5点×6〕
  • 第5問 ― ビジュアル読解 〔6点×5〕
  • 第6問 ― 長文読解 〔5点または6点×10〕

もうお分かりですね。センター試験《英語》では、第4問~第6問での失点を極力少なくすることが肝心なのです。

単語力・文法力を武器に第1問・第2問を全問正解しても、第4問~第6問で5題間違えてしまったら30点減点で、180点超えはなくなります。逆に考えると、第1問・第2問で10題間違えても-20点ですが、第4問~第6問で10題間違えたら、-50点となり アウトです。ですから、なんとしても第4問~第6問では失点を最小限に抑えなければなりません。では、どうしたら失点せずに済むか?英文を読み慣れることです。英文を何度も何度も読むことです。しかも声に出して!

一度学習して意味・文法事項を理解した英文(学校の教科書や塾のテキスト、自習用ととしてはZ会の『速読英単語(1)必修編』)を繰り返し繰り返し声に出して読んでください。意味の切れ目、意味のカタマリを意識しながら読む。発音は気にしない。英語っぽくなくていい。(将来、英語を使って仕事したい人や外人とコミュニケーションをとりたい人は別) とにかく同じ文章を何度も何度も読むことです。こうしていくうちに、どこで意味が切れてるのか、どこが意味のカタマリになっているのかという英語のリズムが身についてきます。英語のリズムを体得すれば、初見の文章でも、スラスラ読めるようになります。スラスラ読めれば意味は分かります。意味がつかめれば設問にも簡単に解答できます。

最後にもう一つ大事なポイントを付け加えておきます。それは、第4問~第6問の設問のほとんどは単なる書き換え問題だ、ということです。

たとえば、2011年の第6問の問3では、本文中に”if reproduction is too successful and there is a huge increase in population in a short time, then there will not be enough food available for all of them to survive”とあるのが、設問の選択肢③に”the increase in the population of a species may lead to food shortage”と書き換えられているのです。極論すれば、”not be enough food”と”food shortage”が同意であることに気づけば簡単に正解へたどり着けるわけです。

センター試験《英語》の量は膨大で、80分では1題1題にじっくり時間をかけるわけにはいけません。テキパキと処理していく必要があります。だからこそ、単語力・語彙力・文法力に加えて「英文を読み慣れておくこと」が大切なのです。

Related Posts