BLOG

【大学入試】高校生のための推薦図書

受験勉強の助っ人、もしくは相棒!?それはもちろん参考書たちです。世の中には星の数ほどの参考書が出まわっていて、いったいどれを選んだらいいのか、さっぱり分からん!という高校生も多いと思います。 そこでPROゼミでは、各教科ごとに“これだけは是非”という参考書を厳選して皆さんに紹介します。

■英単語ターゲット1400(旺文社)
すべての受験生に必要な英単語集です。数ある英単語集の中でもセンター試験レベルの単語を必要最低数をコンパクトにまとめた優れものです。勉強しやすいように日本語見出しと文例中の英単語は、朱色になっていて、赤シートを当てると見えなくなります。『英単語ターゲット1400[4訂版]書き覚えノート』(単語を覚えるためのもの)、『英単語ターゲット1400[4訂版]実戦問題集』(名前のまんま)、『カード英単語1400』(一単語ごとに2色のカードになっていて、英→日、日→英の両方から使えるようになっている。)がシリーズとしてラインアップされています。また、1400をマスターしたら、上級シリーズとして『英単語ターゲット1900』も用意されています。PROゼミの教室にも対応の単語テストが準備されていますよ。

■学習漫画 日本の歴史(集英社)
全20巻から成る『学習漫画 日本の歴史』です。マンガとあなどってはいけません。この20巻を通して20回くらい読めば日本史だけなら合格圏に突入します。(3巻おまけがついて23巻セットで売られているが、おまけの3巻は特には必要ない。)実際、この本と学校の教科書、山川出版社の『日本史B-用語集』の3点セットで国立大学まで突破した先輩も数多くいます。流れをつかむにはこれ以上のものはありませんし、細部にもしっかりこだわって構成されていますので、楽しみながら勉強を進められます。PROゼミの教室には、全20巻揃えてあるので、いつでも自由に閲覧できますよ。

■漢検漢字学習ステップ 2級(日本漢字能力検定協会)
国語力の基本はなんと言っても漢字力です。文章がすらすら読めれば、大体の意味は分かります。逆につっかえひっかえにしか読めない場合は何のことかさっぱり分かりません。つまり、漢字が読めてその意味まできちんと把握していることは、文章読解の第一歩なのです。この『漢検漢字学習ステップ 2級』は大学入試のレベルとほぼ同レベルの漢字が網羅されています。何度も繰り返し勉強して、全漢字をなるべく早くマスターしてしまおう!PROゼミの教室には、この本に対応した小テストが用意されていますよ。

■New 石川日本史B講義の実況中継(語学春秋社)
日本史の最前線の講義を活字とCDで再現。石川先生ならではの暗記の方法を駆使する一方、さまざまな制度や事件の背景を知るために史料を丹念に説明する理解重視の講義。

■ナビゲーター世界史B(山川出版社)
「講義式」受験参考書。基本的な用語にたっぷりとページをとり、そのうえで難語や事件の因果関係を、日常的な言葉で説明。山川出版社の新課程用「世界史B用語集」の重要語句を網羅し、近年の入試問題からも頻出用語(事項)に関する説明を付け加えている。別冊ポイント・チェック付き。

Related Posts